暮らしのこと・モノ

見せるデスク収納 – ZENLET The Rack Mシリーズ [PR]

今回は、台湾のデザイン会社ZENLETさんにご提供いただいたThe Rack Mシリーズのレビューを書いていきたいと思います。

The Rackは、数学の記号「√」のような形をした、1枚の板からできたデスク横につけるラックです。

「最小限のデザインで最大限の機能を」をコンセプトに作られており、とてもシンプルなデザインで見せる収納を意識した設計になっています。

取り付けにネジなどの工具類をつかことなく簡単に取り付けることができ、自分らしい使い方をすることができます。

そんなシンプルなラック「The Rack Mシリーズ」についてみていきたいと思います!

それでは、どうぞ!

・散らかりやすいデスク周りをすっきりと整頓できる

・デスクに穴を開けず、簡単に取り付けることができる

・デザインがシンプルで、自分らしく使うことができる

・全面にアルミ合金を使っているためか、値段が高い

・パソコン、タブレットをそのまま入れるとキズがつくかも

公式サイトはこちら >

Amazon.co.jp

Pinkoiはこちら >

クーポンコード

公式サイト:soudesu/送料無料

Pinkoi:soudesu/送料無料

Amazon:soudesu365/10%OFF

散らかりやすいデスク周りをすっきりと整理

ZENLETのThe Rackをデスク横に取り付けておくことで、デスク周りをサッときれいにしたい時に簡単にモノを収納することができます。

デスクの端にくっついているので、手の届く範囲にあり、楽に収納することができます。

また、何か必要になった時にもサッと取り出すことができるので、デスクの上をきれいに保ちつつ取り回しの良さを損いません。

筆者はデスクで何か作業する時、ほとんどの場合パソコンを使っています。

大学の課題を作成したり、ブログの記事を書いたりなど、自分の考えをまとめるような作業が大きです。

そのため、少し考え込んでしまったり、手が止まってしまった時にはそのまま考え込まずに頭の整理をするために、よくメモを書くようにしています。

メモを書くといっても、メモ帳などの小さいモノを使うのではなく、バインダーにはさんだA4用紙とボールペンを使います。

手が止まればメモを書いて、ある程度考えがまとまれば、パソコンでの作業に戻るということを繰り返しています。

この作業を繰り返していると、デスクの上が少しずつメモを書いた紙で散らかってきます。

そんな時にサッとまとめて置いておく場所として「The Rack」がちょうど良い役割を果たしてくれます。

作業をし奈良が見るメモは手元に置いておき、それ以外のメモをまとめて「The Rack」に放り込んでおくだけで、作業の気が散らない程度にデスクの上を片付けることができます。

オプションパーツで、ペンスタンドやフックなど磁石でくっつくパーツもあるので、いろいろなモノをまとめて引っ掛けておくこともっできるので、紙類をまとめて入れておく以外にもたくさんの使い道があります。

デスクの上を大げさにか続けるまではいかなくとも、気が散らない程度にきれいにしたい時にちょうど良い収納の役割を果たしてくれます。

メモを書いた紙や本などであれば、サッとまとめて入れるだけで良いので、片付ける方へ意識を向けすぎることもなく、快適に作業を行うことができます。

デスクに穴を開けず、簡単取り付け

長く使いたいデスクやきれいに使いたいデスクに穴を開けたくないという人はたくさんいると思います。

ZENLETのThe Rackは、ネジなどの工具を使うことなく固定できます。

デスクとの接地面にナノサクションパッドを使うことで、取り外した後の汚れを気にすることなく、強力に固定することができます。

筆者は最近デスクを買い替えまして、天板が薄く、ねじ止めできないものに変わりました。

天板にパイン材などを使った自作デスクであれば、ねじ止めすることが可能ですが、そういった人は多くないと思います。

ほとんどの人は、表面に加工が施されている天板を使っていて、穴を開けることに抵抗のあることがほとんどだと思います。

The Rackは、ラックとデスクの接地面にナノサクションシートという、とても小さな吸盤がたくさん敷き詰められた粘着シートを使うことで高い固定力を実現しました。

この粘着シートだけでは心配な場合には、裏から付属の金具を取り付けることで、さらに安定性を高めることができます。

付属の金具は、天板の厚みが3cm以下の場合は使い、天板の厚みがそれ以上の場合はナノサクションシートだけで問題ないとされています。

買い替えたデスクは、天板が3cm以下ですが、デスクの足が天板の際にあるタイプのデスクなので、金具をつけなくてもよさそうですが、一応つけておくことにしました。

金具の取り付けも非常に簡単で、特別なにかを用意する必要もありません。

また、ナノサクションシートは強力に固定できますが、何度でも使い回すことができます。

一度はがしても、もう一度使うことができます。

粘着力が弱くなったなと感じた場合でも、水洗いして乾かすことで粘着力を元に戻すことができます。

たくさんの小さな吸盤で固定するので、テープなどの粘着剤とは違い、表面についたホコリさえ落とすことができれば何度でも使うことができます。

工具を使うことなく簡単に取り付けることができ、何度でも取り外して使うことができるため、デスクの傷を考えることなく自分に合った使い方を探すことができます。

また、粘着シートとは違い、はずした後のデスクの汚れを気にする必要がないため、取り付けた後の心配もいらないので、とてもありがたい仕様です。

粘着力が弱くなっても、水洗いすることで粘着力を元に戻すことができるので、位置を変えたり引越しなど一度外さないといけない場面が訪れても、特に心配する必要がありません。

シンプルなデザインで自分らしく使う

The Rackは、アルミ合金の1枚板を数学の記号「√」のように曲げただけのとてもシンプルなデザインです。

シンプルなデザインのものが好きな方、ミニマリストの方などには、刺さるデザインをしていると思います。

アルミ合金からできているので、どこにでも磁石をくっつけることができ、それを利用したオプションパーツがいくつか用意されています。

それらを使うことで、自分らしいアレンジを加えてデスク環境をより良いものにしていくことができます。

The Rackは「√」のような形をしていますが、継ぎ目がなくシンプルな見た目をしています。

デスク側の面には、スリットが入っており、そこからケーブルを通すことができ、オプションパーツと組み合わせることでケーブルホルダーの役割を担うことができます。

ケーブルホルダーのパーツ以外にも、フックやマグネットピン、マグネットボックスがオプションパーツとして用意されており、自分好みにカスタマイズして使うことができます。

ケーブルホルダーは、別途用意されているBaseplate(一部、付属されていないセット商品もあります。ご購入の際は内容物をご確認ください。)と組み合わせることで、ケーブルホルダー単体としても使うことができます。

筆者は、現状ベースプレートを使うことなく、The Rack本体をケーブルホルダーと使っています。

他のオプションパーツはこのような感じで使っています。

フックは、スリットの部分に引っ掛けて折り畳み傘をかけています。

折り畳み傘は、雨の日以外にも雲行きが怪しい日には持ち出すようにしており、使用頻度としては高い方ですが、置き場所に困っていました。

その悩みを見事に解決することができたので、これは非常に助かっています。

マグネットピンは、背面にくっつけてイヤホンをかけて使っています。

外での軽い運動の時に使うイヤホン。

パソコンやゲームをする時に使うイヤホン。

iPhone用のLightning端子のイヤホンといった感じで3つのイヤホンをかけています。

背面から見てしまうと、あまりきれいに整理できているようには見えませんが、デスクから見た時には見えないので、すっきりと整理できている印象になります。

最後に、マグネットホルダーですが、これはメモを書く時に使っているボールペンを3種類入れています。

背面にパチっとつけるだけですが、かなり強力にくっついているので、ずれる気配がありません。

このほかにも、別途ZENLET Clipというものがついてきます。(一部、付属されていないセット商品もあります。ご購入の際は内容物をご確認ください。)

ZENLET Clipは、The Rackのミニバージョンのようなデザインで、ちょっとした冊子やクリアファイルを挟んでおくために使えます。

筆者は、The Rackをつけている反対側につけて、見返すことがなくなったメモ用紙を挟んで使っています。

一応、作業中に手の届く範囲に置いておくことで、万が一見返したくなったメモがあった時に、すぐに取り出せるようにしています。

別途用意されているBaseplateとClipは、The Rackと同じようにアルミ合金製で、ナノサクションシートを使っているため、簡単に取り付けることができ、はずしても跡が残らなかったり、何度でも取り付けることができるようになっています。

The Rackは、アルミ合金の1枚板からできたデザインでシンプルな見た目をしているため、とても気に入っています。

シンプルなデザインのため、デスク横にあっても圧迫感がなく、横幅の狭いデスクであっても使いやすいデザインになっています。

しかし、アルミ合金の1枚板からできているということもあってか、値段が高いという欠点があります。

また、加工が吹き付けの塗装風に仕上がっているため、少しザラザラとしたデザインになっているため、パソコンやタブレットをそのまま収納してしまうと傷がついてしまう可能性があります。

オプションパーツや磁石製のものであればなんでもくっつけられるという拡張性の広さがあるので、自分好みにデザインしていける点もお気に入りポイントです。

色に統一感がないですが、既に持っているものを使ってアレンジすることもできます。

まとめ

今回は初めて商品提供を受けた形で記事を書かせていただきました。

お声掛けくださったZENLETさんありがとうございました。

1枚板からできたとてもシンプルなデザインで、「最小限のデザインで最大限の機能を」というコンセプトにぴったりと当てはまった商品でした。

オプションパーツも十分な品質で、追加購入できるシステムもあるので、購入時点から自分に合った仕様にカスタマイズしていくことができます。

オプションパーツを追加で買わなくとも、既に持っているものを使って拡張したりもできるので、その点も満足いくものになっています。

デスク周りをサッと片付けれるものを探していて、デザイン製を重視している人にはおすすめの商品です。

カラーは、ブラック、ホワイト、セメントグレイ(レビューで使用したもの)の3色と、形は同じですが、オプションパーツなどにちがいのある別モデルのものに、スペースグレイ、シルバー、ゴールドの3色があります。

気になった方はホームページを覗いてみてください。

ZENLETさんのホームページはこちら。

今回、特別にクーポンコードを発行していただいたので、購入される方はこちらも使ってみてください。

商品リンクの下に記載しています。

公式サイトはこちら >

Amazon.co.jp

Pinkoiはこちら >

クーポンコード

公式サイト:soudesu/送料無料

Pinkoi:soudesu/送料無料

Amazon:soudesu365/10%OFF