iPad

Smart Folio(iPad Air第4世代)開封レビュー

iPad Air第4世代を購入したので、同時にSmart Folioを購入しました。

表面はサラッとしたポリウレタン素材で品のある表情をし、内側はスウェードのような素材で高級感があります。

さすがApple製品といった感じです。

マグネットでiPad Airとくっつき、手帳型のケースのように、画面側と背面側を保護してくれます。

カバーをめくるとスリープモードが解除されたり、閉じると自動でロックしてくれたりと、細かなギミックもあるiPadに最適化されたケースです。

この記事では、iPad Air第4世代のケース「Smart Folio」について紹介していきたいと思う!

それでは、どうぞ!

・ミニマルなデザインでらしさを損なわない

・マグネットで着脱が簡単

・スタンドとして使えて、安定感も抜群

・側面の衝撃には対応できない

・強く振ると本体が落ちてしまう可能性あり

・背表紙部分に不安感が残る

ミニマルなデザインでらしさを損なわない

Smart Folioは、iPad Airのミニマルなデザインを損なうことなく、本体を保護することができます。

Apple製品を購入する人は、機能面はもちろんのこと、必要最小限に抑えられた装飾とカッコよさに惹かれている人が多いと思います。

iPad AirもiPhone12シリーズと同等の性能と、薄くてかくばったデザインでとてもかっこいいです。

そんなミニマルでかっこいいデザインを崩すことなく、本体をカバーすることができます。

実際にSmart FolioをiPad Airにつけるとサイズ感がピッタリです。

必要最低限の装飾で、背面にエンボス加工のAppleのロゴがあるだけです。

継ぎ目のない1枚のポリウレタン製素材からできており、前面と背面は本体を守るために、少し分厚くなっています。

前面にはスタンドとして使う際の折り目部分が筋のようにはいっているが、嫌味がなく馴染んでいます。

ただ、前面と背面からの衝撃には強いかもしれませんが、側面のボタンが配置されている部分にはカバーがないので、落としてしまうと傷がついてしまうかもしれません。

そのため、外に持ち出してアクティブに使う人には向かないケースだと思います。

家で使う人、電車で読書や動画を見る人であれば、ミニマルなデザインでカッコよく、ある程度保護してくれるのでとてもおすすめできます。

マグネットで着脱が簡単

Smart Folioはマグネットの力でiPadを固定するため着脱がとても簡単にできます。

着脱が簡単なため、場所や用途によってケースを変えるなど柔軟な使い方が可能です。

自宅で本を読んだり、動画を見る時には、持ちやすいようにケースをつけずに使ったり、ながらで動画を見るときは、Smart Folioをつけてスタンドがわりにしたり用途によってケースの付け外しを簡単にできます。

付け外しを繰り返しても、ケースが劣化することなどもないので、安心してその時々に応じた使い方ができます。

ほかにも、マグネットが内蔵されていることで使い勝手が良くなっているところがあります。

ケースが閉じられているときや、スタンドとして使っているときにも内蔵されているマグネットが役立っています。

ケースを閉じるとき、最後にマグネットがピタッとくっつく感覚があり、閉じている状態で持ち運んでもカバーがぶらぶらならないようになっています。

そのため、カバンの中にiPadを入れていたとしても、揺れで勝手に開いてしまうことがなく、しっかりと画面を保護してくれます。

1つデメリットがあるとすると、写真のような状態で強く揺さぶってしまうと、iPadがケースから外れて落ちてしまいます。

このような状態になることは少ないと思いますが、落としてしまった時にとっさにケースだけ掴んでも本体だけが落ちてしまうことになります。

そのため、やはり外でアクティブに使う人には向いていないケースかもしれません。

スタンドとして使えて安定感も抜群

とても薄いケースですが、スタンドとしても使えて安定感も抜群です。

ケースに内蔵されているマグネットがスタンドとして使う時にも役に立っています。

Smart Folioの前面フタ部分を開くと、筋に沿って折り曲げて三角形を作ることができます。

三角形を作ると角でピタッとマグネットの力でくっつくようになっているため、iPadが立て掛けられてもびくともしないしっかりとした支えになります。

Apple純正ケースなので、iPadとのバランスが取れていて、平なところであれば倒れそうになることもなく安心して使えます。

操作するために画面をタッチしても、タッチの反動でiPadは揺れますが、全く倒れる気配がないので、とてもしっかりとしています。

また、メモや絵を描くときにも役立ちます。

このように浅い角度にして使うことで、Apple Pencilで書き込むためにちょうど良い角度となり、メモや絵描がはかどります。

しかし、少し不安もあります。

どちらのスタイルで使っていても、本でいう背表紙にあたる部分に負担がかかっているように感じ、劣化が早くなるような気がしました。

ずっと使っているうちに背表紙部分が伸びてきたり、ねじるような力がかかってしまい破れてしまうのではないかという不安があります。

短い期間で起こることではないと思いますが、そうなるとスタンドとして使いにくくなるのではと思います。

まとめ

iPad Air第4世代用にSmart Folioを買って、数日使ってみましたがとても快適に使えました。

少し値段は高いですが、最初は純正のケースを使うのが良いのではないかと思います。

Apple Storeで購入するよりもAmazon内のAppleのストアから購入する方が少し安く購入することができます。

  • Apple製品らしいミニマルなデザインを損なわない
  • マグネットによる着脱がとても楽で使い勝手が良い
  • スタンドとして安定感が抜群で動画を見ていても気が散らない
半年遅れで購入。iPad Air第4世代の開封レビュー ずっとiPadを購入したいと思っていたところ、先日Appleの発表会で新作のiPad Proが発表された。 その発表会で新作のi...
【iPad Air】大人気NIMASOの保護フィルム レビュー 先日iPad Airを購入したので、それに合わせて画面保護のために保護フィルムを探していました。 一般的なフィルムからガラスフィ...