暮らしのこと・モノ

【レビュー】新商品シャープのマスク抗菌タイプを購入してみた

今回初めてシャープ製のマスクを購入してみた。

僕が当選した回から抗菌仕様のマスクの販売も開始した。

せっかく当選したので、新しく販売される抗菌仕様のマスクを買うことにした。

値段は税込2,860円で、通常仕様のマスクの税込2,750円より110円高い値段だった。

シャープ製のマスクを購入したのは初めてなので、どんな感じかレビューしたいと思う。

  • 3層構造のフィルターにも関わらず、薄くて息がラク
  • 全体のフィット感がよく、隙間がほとんどない
  • マスクをつけて口を大きく動かしてもズレて鼻が出ない

フィルターへのこだわりが感じられる

3層構造のフィルターにも関わらずとても薄く、表裏で素材を変えたり、フィット感が高いものに仕上がっている。

2枚のマスクを並べて撮った写真を見て欲しい。

下に写っているのがシャープ製マスクで、シャープ製マスクの方が透け感が高いのがわかるだろうか。

上に写っているマスクは、シャープ製マスクを買うまで使っていたマスクで、シャープ製と同じく3層構造のフィルターが使われている。

同じように3層構造にも関わらず、シャープ製マスクはフィルター部分が薄く、つけているときにゴワゴワ感を感じない。

また、通気性を確保したフィルターを採用しているため、息がマスクにこもる感じがなく、快適に過ごすことができる。

肌が触れる内側には、肌触りが良く毛羽立ちにくい素材が使われているため、長時間つけていることでの不快感も感じられないようになっている。

ほかにも、マスクの縁、のり付けしているような部分が小さいため、つけた時に全体的に顔にフィットする。

マスクと頬の間の隙間が小さくなり、菌が横から侵入することを可能な限り防ぐことができる。

今回購入したものには、マスクの外側に抗菌加工も施されている。

抗菌加工により、マスクに付着した菌の増殖を抑えることができる。

食事の時など、外したマスクをどこかに置いておいたとしても、外側が触れるように置いておけばマスクに付着した菌が増殖することなく、清潔に保つことができる。

抗菌加工を示すマーク

実物を見て、つけてみないとわからないことが多いが、フィルター部分だけでも他社のマスクとの違いが多く、こだわりを持って作っていることがわかる。

慣れてしまうとシャープのマスクでないと嫌と感じてしまうかもしれない。

マスクをつけながら話してもずれない

マスクをつけながら話すと、だんだんとマスクがずれ落ちて鼻が出てきてしまったという経験があると思う。

シャープ製のマスクは、ノーズフィッターがしっかりと鼻筋にフィットし、話していてもマスクがずれ落ちてしまうことがない。

シャープ製のマスクには、板状のワイヤーがノーズフィッターに使われている。

このワイヤーが、しっかりと鼻筋にフィットし形状が崩れにくくなっている。

また、マスクを広げた時の面積が大きいため、マスク内に余裕があり、ある程度の口の動きでもマスクが引っ張られることがない。

ノーズフィッターがしっかりとフィットしていることと、マスクに余裕があることでマスクをつけながら大袈裟に口を開けたり閉じたりしても、ずれて鼻が出てしまうことがない。

マスクの内側の素材に肌触りが良い素材を使っていることは前にも書いたが、それに加えてコシの強い素材でもあるため、型崩れせず、口の動きに合わせてマスクがくしゃくしゃと動いてしまうこともない。

マスクがずれて鼻が出てしまうと毎回もとに戻さないといけないが、シャープ製マスクでは気にすることなくマスク生活を送ることができる。

しっかりフィットするノーズフィッター、マスクの内側に余裕ができる作り、型崩れしにくい素材のおかげで頻繁にマスクを気にする必要がなくなる。

まとめ

今回初めてシャープ製マスクを購入したが、今まで使っていたマスクより快適に使えて大満足している。

値段は高いかもしれないが、高いなりの理由があり満足できるものだったので購入した分がなくなればまた買いたいと思う。

  • 3層構造のフィルターだが、とても薄く息がラク
  • 表は抗菌仕様、裏は肌触りが良く、型崩れしにくい素材
  • 全体的なフィット感が高く、隙間がほとんどできない
  • マスクをつけながら話しても、マスクがずれ落ちてこない
マスクの大きさの違い(どちらもレギュラーサイズ)
フィルターの比較
ノーズフィッターの比較

※今回の比較内容は、自宅にあった他社製マスクとの比較であり、全てのマスクとの比較内容ではありません。

シャープ製マスクのページはこちら。