イヤホン・スピーカー

レコードプレーヤーのスピーカーにAmazon Echoを選びました。

前々回の記事でレコードプレーヤー用のスピーカーをどうするかということを書きました。

それから自分でもう一度考えた結果、Bluetoothスピーカー(スマートスピーカー)のAmazon Echoにすることにしました。

開封レビューは前回の記事で書いたので、今回はなぜAmazon Echoにしたのか、レコードプレーヤーのスピーカーとしてどうなのかというところについて紹介していきたいと思います。

Amazon.co.jp

Amazon Echoを選んだ理由

Amazon Echoを選んだ理由には3つの決め手があります。

それらを順に紹介していきたいと思います。

デザインに心惹かれた

最新モデルから採用された球体のデザインが可愛らしく気に入ったというのが1つ目の理由です。

Amazon Echo第4世代(最新モデル)から形状が筒状から球体に変更されました。

もともとAppleが出しているHomePod miniの購入を検討していました(これも球体の形状をしている)がHomePod miniにはAir play(Apple独自のBluetoothのようなもの)でしか接続できないので諦めました。

そのため、同じ球体の形をしたAmazon Echoが気に入りました。

購入してからは、普段勉強やブログの記事を書くために使っているデスクの上に置いてありますが、圧迫感などがなく馴染んできます。

あとは、カラーも気に入っています。

本体カラーはグレーシャーホワイトという色のものですが、分かりやすく言うとライトグレーのような色です。

真っ白ではなく、少し灰色がかっているところが背景から浮き出ることなく自然と馴染むのですごく良いです。

期待できる音質を体験できると思った

「クリアな高音、ダイナミックな中音、そして深みのある低音で、リッチで細やかなサウンド」とほぼほぼ完璧な音質を体験できることが期待できたというのが2つ目の理由です。

Echoには3.0インチのウーハーと0.8インチのツィーターが2つ内蔵されています。

それぞれ低音中心と高音中心と役目が分かれており、低音はいいけど高音が弱いなどのどちらかが欠けている印象を受けにくい設計になっています。

このことについては、YouTubeでレビューを投稿している人も十分な音質で音楽を聴くことができると紹介していました。

実際にAmazon Echoで音楽を聴いてみるととても満足のいく音質をしていました。

キャッチフレーズ通りのリッチで細やかなサウンドを体験することができます。

特に低音は、 Echoを置いているデスクが軽く振動するぐらいに十分に出ています。

また、スマホのAmazon Alexaアプリからイコライザーでベース、ミドル、トレブルの3つの音域を調整することができます。

これで、自分好みのバランスに調整することができます。

スマートスピーカーに興味があった

3つ目の理由は、単純にスマートスピーカーに興味があったという理由です。

家を出る前に今日の天気を尋ねるだけで教えてくれたり、将来的には声で家電や電気のON・OFFをしたりと使ってみたいという気持ちがありました。

現在はスマートスピーカーに対応している電球などは持っていませんが、少しずつ導入していき、声で電気などを操作できる環境を整えていきたいと思います。

今は Alexaに色々尋ねてみたり、ちょっとした会話を試してみたりと探り探りではありますが、 Alexaとの会話を楽しんでいます。

レコードプレーヤーとの相性は?

ここからはレコードプレーヤーとAmazon Echoの相性について書いていきたいと思います。

僕が使っているレコードプレーヤーはSONYの「PS-LX310BT」という機種です。

SONYのレコードプレーヤーはBluetoothに対応しているのでBluetoothで接続して使っています。

相性については、書くまでもないですが全く問題ないです。

Amazon Echoの音質はBluetoothで接続しても落ちるものではないのでレコードプレーヤーの音も満足いくものになっています。

レコードならではの音楽の裏でたまに聞こえるザザッという擦れた音も聞き取ることができるので忠実に再現されていると思います。

接続性の面でも、レコードプレーヤーの電源を入れたと同時に Echoとレコードプレーヤーの接続が完了します。

その際に、 Echoがレコードプレーヤーと接続したことを声で教えてくれるのでとても便利です。

別の機器と Echoを接続していてもレコードプレーヤーの電源を入れるとレコードプレーヤーとの接続に切り替わったりと快適に使うことができます。

まとめ

  • コンパクトながらバランスの良いレベルの高い音を体験できる
  • 丸っこくて可愛らしいデザイン
  • レコードの細かい音まで再現してくれる
  • 接続の切り替えが早くストレスフリー

Amazon Echoは普段使いのスピーカーとしても、レコードプレーヤーのスピーカーとしてもとても優秀な商品になっています。

今回の僕のように、レコードプレーヤーのスピーカーを買いたいけれど、特に形式にこだわりがない場合や普段使いもできる便利なスピーカーが欲しい場合にはAmazon Echoはとてもお勧めなスピーカーになってきます。

サイズもコンパクトでスピーカーとしての性能も高い上に、スマート家電などの導入が可能になり、生活の幅が広がります。

【開封レビュー】Amazon Echo 第4世代を購入しました。 先日の記事で書いていたのですが、レコードプレーヤー用にスピーカーを買いたいと考えていました。 色々考えた末にAmazon Ech...

Amazon.co.jp