オーディオプレーヤー

【レビュー】シンプルなレコードプレーヤー『PS-LX310BT』

少し前から好きなアーティストのレコードを集め始めました。

集めたからには、「レコードの音とはどんなものか」と聴いてみたくなり、レコードプレーヤーを購入することにしました。

いろいろ見ていく中で、シンプルでカッコよく、それでいてBluetoothにも対応しているレコードプレーヤーを見つけました。

それが、Sonyのレコードプレーヤー『PS-LX310BT』です。

値段はそこそこしますが、入門機編としてラインナップされており、ワンタップで聴き始めることができたり、Bluetoothの搭載されたスピーカー、イヤホン、ヘッドホンがあれば聴くことができます。

アンプを用意して、スピーカーを用意して有線で繋ぐといった、難しく手間のかかることをしなくてもレコードを聞くことができます。

PSLX-310BTを購入した理由

・シンプルでフラットなデザインがかっこいい

・Bluetoothに対応している

・ボタンひとつで簡単に再生できる

シンプルでかっこよく機能も充実!

PS-LX310BT』は、シンプルでカッコよく、無駄な装飾がないためフラットなデザインです。

本体カラーは黒色で統一され、表面には若干のシボ加工のようなものが施されています。

シボ加工の部分は、磨きがかかっているのか光があたると少し反射するようになっています。

そのため、ぱっと見は黒で統一されのっぺりしたように見えますが、光のあたり方によって加工部分が反射し、表情の変化があります。

機能面では、基本的な7インチ12インチのレコードへの対応、再生速度の33回転45回転の変更に加え、Bluetooth接続への対応、ボタン1つで自動再生、PCへの録音などがあります。

これらの機能のおかげで、ボタン1つで自分の好きなスタイルでレコードを聴くことができます。

Bluetooth接続のボタン、レコードのサイズ、回転数を切り替えるスイッチが天面についていますが、デザインの邪魔をすることなくとても馴染んでいます。

いろいろな商品を見ていく中で、黒色で統一されているもの、同じような機能が備わっているものはあっても、ここまでシンプルにフラットなデザインを実現しているものはありませんでした。

Bluetooth対応で好きなスタイルで音楽を聴ける

Bluetooth接続に対応していることで、自分の好きなスタイルでレコードを聴くことができます。

手軽にスピーカーで音楽を聴くことができるようになった、ワイヤレススピーカーが注目を浴びて久しいです。

今では5,000円もあれば、十分なスペックのワイヤレススピーカーを買うこともできます。

また、AirPodsのような完全ワイヤレスイヤホンもよく目にするようになりました。

そういった、ワイヤレスの機器を持っている人も少なくないと思います。

僕も、お気に入りのワイヤレスイヤホンを持っています。

自分のお気に入りのスピーカーやイヤホンで、レコードの音楽を聴くことができるのはとても嬉しいです。

有線接続のみのレコードプレーヤーだと、有線接続のスピーカーを用意しないといけないなど、用意するものが増えて、レコードを聴くまでのハードルが上がってしまいます。

スピーカー内蔵のレコードプレーヤーも、夜は近所迷惑になるかもしれません。

Bluetooth対応だと、昼夜問わずイヤホンでレコードを楽しむことができます。

そういった点でも、Bluetooth対応のレコードプレーヤーを選んで良かったと思います。

ボタン1つで簡単に再生できる

PS-LX310BT』は、スタートボタンを押すだけでペアリング済みの再生機器から音楽を再生できます。

Bluetoothでペアリング済みの機器が電源ONになっていると、『PS-LX310BT』のスタートボタンを押すだけでその機器から音楽を再生することができます。

正確には、『PS-LX310BT』の電源を入れると、ペアリング済みの機器を探して、自動で接続してくれます。

接続済みの機器が他のデバイスと接続状態にあっても、自動で接続先を変更してくれます。

そのため、レコードのセットなど準備をしていると自動で再生環境を整えてくれるので、ボタンひとつで簡単に音楽を聴くことができます。

スタートボタンを押すと、自動で針が動いて音楽を再生します。

ほかには、UP/DOWNのボタンがあるので、針を上げて、針を落としたい場所まで動かして針を落とすこともできます。

曲の再生が全て終わり、針が中心までいくと、自動で針を上げて元の位置に戻る機能もあります。

毎回手動でBluetoothの接続をせずとも、イヤホンなどと接続することができます。

また、ボタン1つで音楽の再生もできるので、ボタン1つで再生から停止まででき、簡単に音楽を楽しむことができます。

まとめ:今にあったレコードプレーヤー

『PS-LX310BT』は、シンプルなデザインながら、レコードを楽しむための充実した性能を備えています。

近年のレコードの再熱に合わせた作りになっていると感じ、アナログの懐かしさを感じながら音楽を楽しむことができますが、ところどころで現代の良さを感じることができます。

Bluetoothへの対応、再生の簡単さ、人気のあるシンプルなデザインなど、今にあったものになっていると思います。

  • 黒で統一され、シンプルなデザインがかっこいい
  • Bluetoothに対応しているので、色々なスタイルで音楽を楽しめる
  • ペアリング済みの機器を自動で接続してくれる
  • ボタンひとつで再生から停止まで簡単にできる
レコードをMacに取り込む方法【Audacity】レコードをMacに取り込む方法について解説しています。取り込んだ楽曲をApple Musicに追加し、iPhoneやiPadなど取り込んだMac以外でもレコードの音源を聴く方法についても解説しています。...
Macでレコードを録音する方法【GarageBand】 今回はレコードをApple純正アプリのGarageBandを使ってMacに録音する方法について解説していきます。 録音した後に、...