デジタル化

Macでレコードを録音する方法【GarageBand】

今回はレコードをApple純正アプリのGarageBandを使ってMacに録音する方法について解説していきます。

録音した後に、Apple Musicに追加し、iPhoneやiPadなど他の端末でも聴けるようにする方法についても解説していきます。

お気に入りのレコードをいつでもどこでも聴けるようにするために参考にしてみてください。

レコードを録音する

レコードをMacに録音する方法を以下の3つの点から解説していきます。

1.録音するために用意するもの 2.録音からApple Musicに追加するまでの流れ 3.実際に流れに沿って録音するで進んでいきます。

実際に録音するところでは写真も添えて解説していくので参考になると思います。

では、順番に見ていきましょう!

用意するもの

  • レコードプレーヤー
  • Mac
  • Macとレコードプレーヤーを繋ぐケーブル
  • 必要に応じて変換アダプタ
  • デジタル化したいレコード

レコードプレーヤーはSonyの「PS-LX310BT」を使っています。

同じレコードプレーヤーでなくても、パソコンと接続するためのUSBポートがあれば録音は可能です。

そして、レコードプレーヤーに接続ケーブルが付属していなかった場合には、別途用意する必要があります。

お使いのMacBookやiMacによっては、USB type-Cのポートのみの場合がるので、USBの変換アダプタも用意する必要があります。

これからレコードプレーヤーを購入する場合は、商品詳細欄などにデジタル化対応という文言が掲載されているものを購入すると良いです。

録音からApple Musicに追加するまでの流れ

レコードプレーヤーを使ってMacで録音する流れを解説していきます。

録音の流れ
  1. GarageBandを起動する。
  2. 新規プロジェクトからプロジェクトを選択する。
  3. 作成方法をオーディオのライン入力にする。
  4. Macとレコードプレーヤーを接続し、入力先がレコードプレーヤーになっていることを確認する。
  5. メトロノームをOFFにする。
  6. 音楽を再生し、録音を開始する。
  7. 録音した音源のいらない部分をカットして、共有からミュージックに追加する。

手順はこのようになります。

録音を開始するまでに少し手間がかかりますが、1度やってしまえば簡単なので次からはすんなりできるようになります。

次でも解説しますが、メトロノームをOFFことは忘れないようにしましょう。

ONのままだと楽曲の再生中にメトロノームの音も一緒に録音してしまいます。

実際に録音をする

GarageBandを起動する

GarageBandはAppleの純正アプリなので、最初からMacにダウンロードされていると思います。

アプリケーション欄から探して起動します。

新規プロジェクトから空のプロジェクトを選択

何度かGarageBandを使っている場合は、このようにまっさらな画面ではないかもしれませんが、新規プロジェクトから空のプロジェクトを選択し、右下の選択をクリックします。

オーディオのマイクの絵をクリックし作成する

選択をクリックすると画面が変わり、このような選択画面が表示されます。

ここで、赤丸のマイクの絵の部分をクリックし右下の作成をクリックして、次に進みます。

こうすることで、Macとレコードプレーヤーを接続したケーブルから音源をとることを指示をします。

入力をUSBにします

作成画面に進むと、Macとレコードプレーヤーが接続されていることを確認して、画面下部の録音設定を確認します。

入力の部分が、USBからの入力になっていることを確認し、その左の丸が重なっていることを確認します。

丸が1つの場合は、モノラルで録音され、画像のように丸が2つ重なっている場合はステレオで録音されます。

ステレオで録音することでイヤホンなどで音楽を聴く場合に、左右から別々の音が聞こえてくるなど音楽を立体的に感じることができます。

普段サブスクリプションで音楽を聴く時と同じと考えて貰えば問題ないです。

モニタリングをONにする

次は、モニタリングをONにします。

モニタリングをONにすることで、録音をしながら録音している音を同時に聴くことができます。

音が途切れてしまっている場合などにすぐに気づくことができます。

全て録音してから確認するという作業の手間を省き、録音と同時に音の確認をしていきます。

メトロノームをOFFにします

画面上部にあるメトロノームのマークをクリックしメトロノームをOFFにします。

マークの周りが、グレーになっていればOFFになっています。

これで録音開始前の設定が完了しました。

録音ボタンを押して録音を開始します。

レコードプレーヤーを再生して、録音ボタンを押すことで録音が開始します。

音楽を最後まで再生し終えたら、もう一度録音ボタンを押すことで録音を終了することができます。

録音された楽曲の編集をします

録音が終わると次は、いらない部分のカットやまとめて録音された楽曲を1曲ずつに分割する作業を行います。

そのために、録音された音楽の波形の上でダブルクリックをします。

すると、画面下部に拡大された波形が出てきます。

こうすることで加工作業がしやすくなります。

曲を分割する

曲と曲の間で分けたい場所を探していきます。

分けたい場所が見つかればクリックして音楽の再生中に移動している線を持ってきます。

そして、その線にカーソルを合わせるとカーソルが「+」マークに変わるのでもう一度クリックすることで楽曲をその場所で分割することができます。

分割するとこうなります

楽曲を分割すると画像のようにオーディオが2つに分かれています。

これをレコード1面に録音されている楽曲の分行います。

このままでミュージックに保存するのも良いですが、まだレコードの始まり部分と終わり部分に間があるのでそこをカットしていきます。

自分の好きなところまで音楽をカットする

分割した曲の端には、赤丸で囲んだカーソルと同じマークがあります。

そのマークの部分でクリックし、スライドさせることでいらない部分をカットできます。

曲間ではあまりカットする部分がないと思うので、レコードの始まりと終わり部分だけカットしていきます。

針が落ちる音や離れる音を残して起きたいい人はカットする必要はありません。

ミュージックに追加

曲を分割したり、いらない部分をカットできたら、いよいよApple Musicにレコードの音源を追加していきます。

追加するには、画面上部のメニューバーから、「共有」をクリックし、「曲をミュージックに…」をクリックします。

この際、黄色の吹き出しで説明も出てきます。

曲の情報を入力していく

曲をミュージックに送信をクリックすると曲の情報を入力する画面が出てきます。

今回はKing Gnuのレコードを録音したので、King Gnuの曲の情報を入力していきます。

音質は変更する必要はないと思います。

最初から最高音質に設定されていると思うのでそのままで大丈夫です。

チェックマークを入れる必要がある

情報を入力した後に、赤丸の部分にあるチェックを入れる必要があります。

このチェックを入れないと、録音した音源の最初から最後までを1曲としてApple Musicに追加します。

そのため、チェックを入れると、事前に選択しておいた部分の曲がApple Musicに追加されます。

今回の場合は、「Tokyo Rendez-Vouz」を選択しているので、Tokyo Rendez-Vouzの情報を入れてApple Musicに追加します。

これを曲数分おこないます。

転送の時間は数秒で終わるので、そこまで時間はかかりません。

追加後にアートワークを追加したら

Apple Musicに追加できて、アートワークも追加するとこのような形になります。

ここまでで、レコードをMacに録音する方法とそこからApple Musicに追加する方法が終わりました。

次からはiPhoneなどの他の端末に追加する方法です。

iPhoneなどでレコードの楽曲を聴けるようにする方法

レコードの音源をApple Musicに追加できたら次はiPhoneなどでも聴けるようにしていきます。

この方法は非常に簡単なのですぐに終わります。

クラウドライブラリをアップデートするだけ

メニューバーからファイルを選択し、ライブラリからクラウドライブラリをアップデートするだけで完了です。

これをすることで、iPhoneなどの他の端末でもレコードの音源を聴くことができます。

このクラウドライブラリをアップデートが出てこない方は、iPhoneとMacを繋げて同期することでiPhoneでもレコードの音源を聴くことができます。

この方法は、CDをMacに読み込んだ場合でも使えます。

同じように、クラウドライブラリをアップデートする又は直接接続して同期をすることでできます。

まとめ

前回はフリーソフト『Audacity』でレコードをMacに取り込む方法を記事にしましたが、フリーソフトをダウンロードするのに抵抗がある人にもできる方法として、『GarageBand』を使って録音する方法を記事にしました。

GarageBandはAudacityと違い、1つ1つのボタンに吹き出しで説明が出てくることや、Appleが設計したアプリケーションということもあってとても使いやすく便利なのでMacを使っている人はGarageBandの1択で問題ないと思います。

できることもほとんど一緒で、GarageBandの方が少し曲をいじりやすくなっていると思います。

レコードをMacに取り込む方法【Audacity】レコードをMacに取り込む方法について解説しています。取り込んだ楽曲をApple Musicに追加し、iPhoneやiPadなど取り込んだMac以外でもレコードの音源を聴く方法についても解説しています。...
【レビュー】シンプルなレコードプレーヤー『PS-LX310BT』Sonyから発売されている入門機編のレコードプレーヤー『PS-LX310BT』を購入しました。シンプルでフラットなデザインとBluetoothに対応している点が今の生活にマッチするとても良いレコードプレーヤーです。...
レコードプレーヤーのスピーカーにAmazon Echoを選びました。 前々回の記事でレコードプレーヤー用のスピーカーをどうするかということを書きました。 それから自分でもう一度考えた結果、Bluet...