Mac

MacBookのバックアップを LACIE RUGGED USB-Cで

先日、普段から使っているMacBook Airが勝手に初期化されてしまい、MacBook内のデータが全て消えてしまうという痛ましい事故が起きてしまいました。

iCloudに保存していたデータは問題なかったのですが、それ以外のデータは取り戻すことができず、完全に消えてしまいました。

書き始めていた卒業論文も見事に初期化されてしまい1からやり直すハメになりました。

そんな事故が発生してしまったので、今後同じことが起こらないように、iCloudを使用していますが、念には念をということで、外付けハードディスクを購入することにしました。

今回は、その紹介とMacに標準搭載されているバックアップシステムTime Machineについて書いていきたいと思います!

それではどうぞ!

ヨドバシ.com

LaCie RUGGED USB-C

今回購入した外付けハードディスクは、LaCieのポータブルハードディスク1TBです。

この商品は、Apple Storeでも取り扱いのあるハードディスクで、友人が使っていたこともあり購入することにしました。

最新のデバイスにも対応することができるように、USB-C to USB-Cで接続することができ、本体カラーと同色のUSB-Cケーブル(USB3.1)も付属しています。

USB-Cポートのないデバイスでも使用できるように、USB-C to USB-Aケーブルも同梱されています。

サイズ2.6×8.6×13.5cm
重さ400g

持ち運びやすいサイズ感と重さに設計されているので、出先での作業の時にも一緒に持って出かけることができます。

耐久性能が高い

LaCieの外付けハードディスクは、とにかく耐久性能が高いです。

耐落下性はもちろんのこと、耐衝撃性、耐雨性にも優れた設計になっています。

耐落下性1.2m
耐衝撃性1トン車に踏まれてもデータに問題なし
耐水性雨に打たれる程度なら問題なし

本体を覆うオレンジ色の部分が、弾力性のあるゴムになっているので、どこから落ちても衝撃を吸収できるようになっています。

うっかりミスによる落下でバックアップのデータが破損してしまうなんてことがなくなります。

また、出張などで飛行機に乗る際トランクに入れておいても積み下ろしの時の衝撃にも十分に耐えられるようになっています。

プライベート用から仕事用まで幅広く使うことができ、耐久性も高いのでタフに使うことができます。

USB-C接続で使い勝手が良い

今回購入した外付けハードディスクは、『LaCie RUGGED USB-C』というLaCieの外付けハードディスクのなかでUSB-Cポートがついたモデルです。

そのため、MacBookはもちろんのことUSB-Cポートを持ったiPadでも使うことができます。

Thunderbolt3、USB 3.0、USB-Cに対応し、最高速度130MB/sでの書き込みが可能になっています。

MacBookで使う場合は、付属のUSB-Cケーブルを使うことで、バススルーによる電源供給でケーブル一本で自動でバックアップを取ってくれます。

筆者が使用しているのは、MacBook Airなので、左側にUSB-Cポートが2つしかないので、片方に外付けハードディスクをもう片方に充電ケーブルを差し込んで使っています。

付属のUSB-Cケーブルは、Thunderboltケーブルではないので、5MB/sまでしか出ませんが、本体のバックアップを取る分には全然問題ない性能です。

写真や動画を扱う方は、別途Thunderboltケーブルを購入してカメラから直接写真や動画を取り込んだりという使い方もできるので、使い方の幅を持たせることもでき、USB-Cの使い勝手の良さを感じることができると思います。

Time Machine

Time Machineは、マックに標準搭載されているバックアップシステムです。

外付けハードディスクなど、外部ストレージを接続することで、1時間に1回Mac内のデータをストレージにバックアップしてくれるシステムです。

USB-Cで外付けハードディスクを接続し、バックアップ先に選択制ておくだけで良いので、煩わしい操作をする必要もなくすぐにバックアップを取り始めることができます。

外付けハードディスクを接続している間は、24時間定期的にバックアップを取り続けてくれるので、急なエラーでデータが飛んでしまったりMacが動かなくなってしまっても、1時間前のデータを外付けハードディスクから呼び戻すことができるので、被害を最小限に抑えることができます。

MacBookを購入してから今まで使ったことがなかったですが、購入当初からタイムマシーンを使っていれば、今回の突然の初期化による被害を最小限に抑えることができ、卒業論文が全て消えてしまうという被害も食い止めれていたかもしれません。

まとめ

パソコンが急に初期化されてしまったことで、急遽用意した外付けハードディスクでしたが、Mac標準のバックアップシステムTime Machineとの使い勝手の良さでとても良い買い物になりました。

MacBookを買った当初から使っていれば良かったと後悔していますが、これから同じような悲劇が起きないようにこまめにバックアップを取っていきたいと思います。

ヨドバシ.com