iPhone

【レビュー】iPhone12 Pro 6ヶ月使った感想

iPhone12 Proに機種変更してから半年が経った。

5Gに対応しているiPhoneとして、昨年発売されたモデルですが、5Gエリアが限定的な中で、未だに本領を発揮できていない。

そんななかで、半年間、iPhone12 Proを使って感じたことをまとめていきたい。

  • 写真を撮る楽しさを味わえた
  • 映像が綺麗で見るのが楽しい
  • サイズが最適化された気がする

3眼カメラとApple ProRAW

iPhone12 Proでは、3眼カメラとLiDARスキャナによる撮る楽しさと、Apple ProRAWによる写真編集の楽しさがある。

iPhone12 Proでは、11シリーズから採用された3眼カメラと、iPad Proで初登場となったLiDARスキャナに加えて、iOS14.3で搭載されたApple ProRAWによる写真の楽しみ方がある。

以前は、iPhone7を使っていたので、iPhone12 Proにすることによって、写真を撮ることが増えた。

画質の向上で写真が綺麗なほか、広角のみだったカメラが、超広角、望遠カメラを加えた3つになった。

望遠カメラの使い所を、いまいち見出せていない感はあるが、素人が撮ってもそれっぽく写せるので、撮るのは楽しい。

また、3つのカメラ全てで、Apple ProRAWを使った写真を撮ることができる。(ポートレートモードでは使えない。)

Apple ProRAWは、撮る楽しさではなく、写真編集をする楽しさを味わえる。

今までは、影を濃くしたくても、全体が暗くなってしまっていたが、ProRAWでは、影だけを暗くして、引き締まった写真にすることができるようになった。

ブラックポイント調整前

ブラックポイント調整後

カメラや編集の知識がないので、うまく編集できていないかもしれないが、自分なりに楽しく写真をいじれているので満足している。

最近では、撮った写真をインスタグラムを中心に、発信する機会が増えているので、それっぽく撮れるカメラに、手軽にプロのような写真編集ができるApple ProRAWは、とても良いポイントです。

OLEDディスプレイによる映像美

暗闇でiPhone12 Proに映した黒い背景の猫の画像を撮影

黒をしっかりと黒に、メリハリのある映像を楽しむことができる。

OLEDディスプレイは、有機ELとも呼ばれ、(実際は、有機ELを用いたディスプレイをOLEDという。)省電力性に優れたディスプレイだ。

その省電力性を実現する1つに、黒を発光させないで表現する技術がある。

これにより、黒を従来よりもより黒として表現することができ、写真や映像をより綺麗に映し出すことができる。

実際にOLEDの良さを感じたシチュエーションがあったので、紹介したい。

好きなアーティストKing Gnuのオンラインライブを見た時の話。

昨年12月にオンラインライブがあったのですが、リアルタイムでは、画面の大きいパソコンで見ることにした。

ライブなので、薄暗い中での映像のため、画面は大きく、アーティストをよく見ることができたが、全体的に白っぽく、ざらつきのある映像に感じた。

そのため、アーカイブ配信をiPhone12 Proで見ることにした。

iPhone12シリーズは、OLEDディスプレイを搭載しているので、ライブなどの薄暗い映像も綺麗に表現してくれると思い、そうした。

予想通り、パソコンで見た時の白いざらつきを感じることは少なく、画面が小さいながらに、アーティストをはっきりと見ることができた。

ほかにも、ライトなどの演出の発色もよく、引き込まれる映像になっていた。

ずいぶん時間が経っているので、記憶が美化されている可能性も少なからずあるが、映像が綺麗だったのは確かだ。

片手で持てる”最大限”のサイズ

画面サイズ6.1インチの大きさ、厚さが片手で持てる最大限の大きさ。

iPhone12シリーズでは、iPhone5s以来の直線的なフラットなデザインに戻った。

直線的なデザインにより、持ったときのしっくり感が増した。

今までの丸みを帯びたデザインも悪くはないが、個人的には直線的なフラットなデザインが好み。

iPhone7からiPhone12 Proに変えたことで、サイズも大きく、厚みも増したが、デザインのおかげか自分の手の中にしっくりときた。

そして、このサイズが、片手で持てる最大限の大きさだと感じた。

ベゼルが薄くなり、画面サイズが本体サイズとほとんど同じになったことで、画面の大きさに不満を感じることは無くなった。

また、OSの進化により、画面の届きにくかった範囲に対する対策をすることもできる。

ホーム画面では、上2列の範囲にウィジェットを置くなどして、カスタマイズしつつ、アプリを下の方へ集めることができる。

カスタマイズ性の向上により、画面が大きいことによる懸念が少なくなった。

小さいことによるバッテリー容量の低下などもなく、むしろプラスの方が多い。

このことは、iPhone12 miniの売れ行きからも見ることができる。

Appleは、iPhone SE(第1世代)以来の小型サイズのiPhoneをiPhone12 miniとして、販売したが、売れ行きが悪いそうだ。

販売台数の集計時期によっては、前機種のiPhone11よりも販売台数が少ない結果になっている。

これは、画面サイズが大きくても問題なくなったことを示すことにつながる。

画面が小さい方が使いやすいから、画面が大きくても使いやすいに変わっていたのかもしれない。

まとめ

iPhone12 Proに変えて6ヶ月使って感じたことをまとめてみました。

総じて、満足しています。

これと言って、残念に感じるところはなく、唯一、残念な点があるとすれば、まだ5Gを体感できていないことぐらいです。

自宅から、1キロぐらいのところには、小さく5Gのエリアが展開されている。

まだまだ5Gエリアが少ない中では、近所に5Gエリアがあることは珍しい方だと思います。

そのため、とても歯痒い気持ちでいます。

「あと少し、エリア拡大されれば家で5Gを体感できるのに」といった感じです。

それ以外では、本当に満足できるものです。

  • 3眼カメラとApple ProRAWで写真を撮るのが楽しい
  • OLEDディスプレイで映像体験が1段良くなる
  • 画面サイズが大きくても使いやすい
  • バッテリー持ちが良い

参照元:OLEDディスプレイの情報 TIME&SPACE byKDDI

参照元:iPhone12 miniの情報 Engadget

参照元:iPhone12 miniの情報 iPhone Mania