Apple Watch

【iOS14.5】マスクをつけたままでもiPhoneのロック解除可能に

iPhoneとApple Watchを使うことでマスクをつけたままでもFace IDによるロック解除が可能になった。

4月27日午前2時より配布が開始された「iOS14.5」「watchOS7.4」にアップデートすることでそれらが可能になる。

アップデート後の設定方法や実際に試してマスクなしとどれくらい違いがあるのかを検証してみました。

OSのアップデート

4月27日より配信された「iOS14.5」「watchOS7.4」にアップデートすることでマスクをつけたままFace IDによるロック解除が可能になった。

このアップデートによりロック解除たびにマスクを下ろしたり、パスワードを打ち込んだりする必要がなくなった。

そんなQOLを上げてくれるシステムを使うためには、アップデート後に少し設定を変更しないといけない。

iPhoneとApple Watchを両方アップデートした後に、iPhoneの設定からFace IDとパスワードを開きます。

開いた後、下へスクロールをするとApple Watchでロック解除の項目が出てきます。

そのスイッチをONにすると設定完了です。

左から順に進みます

これでiPhoneの画面を閉じてマスクをつけたまま画面を覗くと Apple Watchと連携してロックを解除してくれるようになります。

実際に試してみて

実際にマスクをつけて、iPhoneを覗いてみると1回目は失敗しました。(笑)

設定後は1度ロック解除のためにパスワードを入力しておかないといけないようです。

再チャレンジしたところ、サクッといつものようにロックを解除することができました。

ロック解除にかかる時間は、マスクをしていない時と変わらずとても早いです。

また、iPhoneのロックを解除したと同時にApple Watchの通知が来ました。

カシャっと鍵を開けたような音と同時にブルルッという振動でロックが解除されたことを伝えてくれます。

ロック解除時の通知

ロックが解除されたことの通知とiPhoneをロックするボタンが表示されます。

仮に他人が顔を覗かせてロックが解除されてしまっても、すぐにiPhoneをロックできるようになっています。

このボタンからiPhoneをロックすると、次はパスワードを入力しないとロックを解除できないようになっています。

この通知は、Apple Watchを使ってロックを解除した時のみ届き、マスクなしのロック解除時には届きません。

まとめ

  • iPhoneとApple Watchの連携でマスクをつけていてもロック解除可能に
  • ロック解除の速度は通常時とそれほど変化がない
  • 万が一誤作動でロック解除されてもApple Watchからロックをかけれる

ようやくiOS14.5の最新がきて本当に嬉しいです。

外出時にロック解除のためにマスクを毎回下ろしたり、パスワードを入力したりするのはFace IDに慣れてしまった人にとっては手間でしょうがなかったです。

これで、QOLが上がり嬉しい気分です。