暮らしの最適化

断捨離するために必要なコツはたったの3つ【断捨離のおすすめ方法】

そろそろ本格的な衣替えのシーズンになってきたと思う。

梅雨明けの正式発表はないが、カラッとした夏日が増えてきている。

そんな中で、衣替えと一緒にすることが多い『断捨離』。

やってみたものの、あまりモノの数が減らなかったり、そもそも何から始めたら良いのか分からない場合もある。

そんな時のために、今回は断捨離をする時に意識すると良い3つのコツを伝えたいと思う。

このコツさえ掴めれば、次からはしっかりと断捨離することができるはずだ。

断捨離のコツ3つ
  • 断捨離は場所を決めて行う
  • 1年以上使っていないものは手放す
  • なんとなくで残しているものは手放す

【コツ1】断捨離は場所を決めてから行う

断捨離を始めるには、まずどこのどの部分から行うか決めて始める必要がある。

断捨離を始めてみたものの、なにから手をつけたら良いか分からなくなることは、よくあることだと思う。

そういった場合、多くはどこのどの部分をやると明確に決めていないからだと思う。

僕もこのコツを見つけて実践するまでは、断捨離を始めたもののどこから始めたら良いか迷うところから始まっていた。

何から手をつけたら良いか分からない、どこから始めたら良いか迷うというのは、事前にどこのどの部分を掃除していくか、決めていないから感じてしまうことだ。

そのため、断捨離を始める前の段階で掃除する部分を決めることで「分からない」「迷ってしまう」をなくすことができる。

この場所を決めることは、部屋のクローゼットや机の周りといった場所ごとでもよいが、それでも迷ってしまうならさらに細かくすると良い。

例えば、クローゼットの中だと下段から始めて、中段、上段と進めるだとか、クローゼットの中の引き出しから始めて、ハンガーラック、その他の部分へと進めるなど細分化して進める手順まで決めると迷うことがなくなる。

あらかじめ場所を決めて断捨離にとりかかることで、スタートからつまづくことなく始められ、「分からないから次の機会にやろう」ということをなくすことができる。

【コツ2】1年以上使っていないものは手放す

断捨離をしていく中で、しっかりと持っておくべき基準として「1年以上使っていないかどうか」というものがある。

断捨離をしていく上でこの基準を持つべき理由は、1年以上使っていないものは多くの場合、もう1度使うことがないからだ。

日本には四季があり、1年単位でサイクルしている。

この夏に着た半袖は、次は来年の夏に着るなど、長くても1年で使う機会が回ってくる。

そして、季節に影響されるものにはトレンドなどもあり、毎年移り変わっていく。

そのため、毎年ある程度新しいものが増えていき、その分だけ使わないものが出てくる。

そうすると、1年以上使っていないものも出てくるため、そういったものはどんどん捨てていく必要がある。

でも、1年以上使っていなくても「いつか使うから」と思い、置いておきたくなるかもしれない。

しかし、「いつか使う」は「もう使うことがない」と同義だと考えても良い。

関西には、「行けたら行くわ」という言葉があり、この言葉は「行かない」ことを表明する言葉である。

これと同じで、本音と建前の関係。

本音では、もう使うことがないことは分かっているが、捨てるのがもったいないため自分に偽って「いつか使うから」という言葉にしている。

1年以上使っていなくても「いつか使うから」と思ったら「捨てる」を意識して断捨離すると、しっかりとものを捨てることができる。

1年以上使っていないものはほとんどの場合、今後使う機会がないものばかりだ。

そういったものは、目につくと持っておきたく思うが、目に入らなくなると持っていたことも忘れてしまうものがほとんどである。

そのため、思い切って捨てることで断捨離もはかどり、しっかりと片付けることができる。

「1年以上使ってないものは手放す」を意識して、断捨離に取り組もう。

【コツ3】なんとなくで残しているものは手放す

コツの3つ目は、なんとなく残しているものは手放す。

断捨離をしていてとても困るものとして、人からの貰い物や思い出の品などがあると思う。

貰ったけれど、自分の趣味と合わなくて使いにくかったあり、飾っておくのも気が乗らない場合などがある。

「人からの貰い物や思い出の品だから捨てるのはどうか」となんとなく残しているものは、心を鬼にして捨てるといいと思う。

手に取った時に、人からの貰い物や思い出の品だからと少し考えてしまっているということは、そのモノがあることによって少し困っているということだと思う。

それを捨てろというのは、なんて薄情者だと思われるかもしれないが、ものを捨てただけでは何も変わらない。

人からの贈り物なら、捨てたとしても送られてきた過去とその人との関係性は壊れない。

貰って合わなかったからといってすぐに捨てると問題になるかもしれないが、1年ぐらいは持っておいて、使う機会がない、自分に合わないと思えば捨てるのも1つの手だ。

思い出の品の場合も同じだ。

持っていることに困っているなら捨ててしまう方が良い。

捨ててしまっても過去の出来事、思い出が消えるわけではない。

これは、あくまで「なんとなく残しているもの」の場合なので、贈り物、思い出の品で飾ってあるものに関しては、捨てるか捨てないかのふるいにかける必要はない。

なんとなくで残しているものは、持ち続けてもクローゼットなどの収納スペースを使ってしまうだけなので、心を鬼にして捨てる方が良い。

まとめ

断捨離をすることで、必要なくなっていたものが片付けられるので、お部屋も気持ちもすっきする。

断捨離した後のすっきり感を得るためには、しっかりと基準を決めて取り組むことが大切だ。

そして、手放す前に一度フリマアプリに出店するのも1つの手だ。

僕も断捨離をしてきて手放したものを出品して10万円以上もの小遣い稼ぎをすることができた。

手放すものの中にも、ほかの人からすると欲しいと思えるものもあるので、一度出品するのもありだと思う。

  • 断捨離を始める前にとりかかる場所・エリアを決める
  • 1年以上使っていないものは手放す
  • なんとなくで残しているものは手放す
  • 捨てる前にフリマアプリに出品する
フリマアプリで送料を安くする方法【切手を使う他】フリマアプリのメルカリ・ラクマで物を売った時の送料をできるだけ安くする方法を紹介しています。すべての人におすすめできる方法ではありませんが、家にねむっている切手を使うことで送料を実質タダにすることができます。...