Apple Watch

【レビュー】Belkin BOOST↑CHARGE PRO 3-in-1でケーブルの煩わしから解放された

iPhoneとApple Watchを使っていると、充電のときに少し億劫になることがある。

iPhoneは、充電するためにLightningケーブルを挿さないといけないし、充電中ふいに使いたくなった時にLightningケーブルが邪魔に感じることがある。

Apple Watchはその点、専用の充電ケーブルに置くだけでいいので充電の煩わしさを感じることはないが、ケーブルは微妙な長さで、いつまで経ってもケーブルの固さが取れないからデスクの端に置いていてもクルッとなってしまい座りの悪さに嫌気が差す。

そんなことを思い、充電器を一新しようか悩んでいる時にAirPods第3世代を購入した。

ので、ここぞと言わんばかりにBelkin BOOST↑CHARGE PROも購入した。

今回は「Belkin BOOST↑CHARGE PRO 3-in-1Wireless Charger with MagSafe」(以下、BOOST↑CHARGE PRO)を購入して使ってみた感想、不満点は改善されたのかについてレビューしていきたいと思う。

それでは、どうぞ!

ヨドバシ.com

念願叶ってワイヤレス充電を実現

BOOST↑CHARGE PROを購入したことで、ようやく充電ケーブルとおさらばすることができました。

Lightningケーブルを挿す動作もなくなり、不意に使いたくなってもすぐに手に取れ、Lightningケーブルが邪魔になることも無くなりました。

BOOST↑CHARGE PROは、iPhoneを充電するMagSafe充電のスポットとApple Watchを充電するスポットがそれぞれ浮いているような設計になっています。

このMagSafeを使ったデザインも最高ですが、これについては後で書いていきたいと思います。

BOOST↑CHARGE PROを購入したことで、充電する場所に置くだけで充電できるようになりとても快適になりました。

Lightningケーブルを持ち、iPhoneのお尻に挿す動作がなくなったことにより、毎回おくだけで充電できる快適さを痛感しています。

ワイヤレス充電になったことで、Lightningケーブルの最大20W充電から、MagSafe充電の最大15W充電に変わりましたが、気になるほどの充電速度の遅さを感じることはありませんでした。

実際、細かく計測していくと充電速度に違いが出てくるのでしょうが、充電へのアクセスが楽になった分、こまめに充電するようになりました。

そのため、出かける時になってバッテリー残量がないといった危機に直面することは今のところありません。

こまめに充電することによるバッテリーの劣化を気にする人もいるかもしれませんが、2~3年周期で買い換える人には大きなデメリットにはなり得ないと思います。

ケーブルを挿す動作がなくなり、毎回の充電が楽になり、わかりやすく充電が遅いこともなかったので、ワイヤレス充電に切り替えてよかったと思います。

BOOST↑CHARGE PROを購入したことで、充電ケーブルを使わなくて済むようになったことが何より嬉しいです。

Watch専用充電ケーブルの煩わしさとはおさらば👋

Apple Watchの欠点の1つに、充電ケーブルの使い勝手の悪さがあると思います。

前述した通り、ワイヤレス充電でいることで充電のしやすさやApple Watchのデザイン面では優秀ですが、充電ケーブルに何があります。

ケーブルがいつまで経っても馴染むことがなく、梱包時の巻かれた状態の形状が強く残っています。

そのため、デスクの端に置いておいてもクルッとなってしまい、デスクから落ちそうになってしまいます。

クルッとなることで安定感もなく、充電中にも動いたりしてそこがとても嫌いでした。

これを解決するためだけに、Apple Watch単体の充電ドックを買うのも厳しいところがあったので、機会をうかがっていたのですが、この買い物でついに解決することができました。

BOOST↑CHARGE PRO購入したことで、上部の飛び出した右側にくっつけるだけで充電することができるようになりました。

Watch専用の充電ケーブルのようにクルッとなる心配もなく、不安定さもなくなり煩わしさを感じていたケーブルともおさらばすることができました。

充電速度は、従来の5Wの専用ケーブルと変わらないので、充電速度に変化を感じることはありませんでした。

Apple Watch Series7から採用された高速充電には対応していないので、 Series7をセットしたところで高速充電されることはありません。

高速充電に対応した最新モデルもありますが、デザインが一新され全く違うものになってしまっています。

筆者は、デザイン的に今回購入したモデルの方が好きなので、Apple Watchを買い換えても今回購入したBOOST↑CHARGE PROを使い続けます。

BOOST↑CHARGE PROを購入したことで、Apple Watchの充電ケーブルに感じていた煩わしさを解消することができて本当に良かったです。

筆者と同じように、Apple Watchの充電周りに不満を持っている人は、自分に合ったBOOST↑CHARGE PROを買ってみるのもいいかもしれません。

MagSafeの良さに心打たれた

iPhone12シリーズから搭載されたMagSafe。

時間が経つごとにサードパーティー製のアイテムがいろいろ増えてきましたが、原点のMagSafe充電の良さを今になって実感しました。

MagSafe充電による最大15Wの充電速度で、ワイヤレスによる充電速度の低下を感じることはありません。

あとは、マグネットが使用されているため、浮かせた状態でも充電することができます。

これにより、簡単に角度をつけた状態でも充電することができるようになり、充電する向きも自由になりました。

従来のQi充電規格の充電ドックでは、角度をつけるためには、背もたれをつける必要がありました。

背もたれをつけて、ワイヤレス充電が反応するところにちょうどQi充電の接点がくるようにする必要があります。

そのため、高さがずれたりするだけで充電できなくなってしまいました。

MagSafeだとマグネットでくっついているので、高さの違い、ズレを気にすることなく、マグネットでくっつけるだけでいいです。

また、マグネットでくっついているので、縦横の向きも自由に動かすことができるので、横向きでYouTubeを見ながら充電することだってできます。

充電している時にちょうど顔の方を向くぐらいの角度になっているので、充電しながらYouTubeを見たり、通知をすぐに確認できるようになっています。

筆者も、ブログの作成など作業をしている時はBOOST↑CHARGE PROでiPhoneを充電しています。

通知が来ればすぐに確認できる見やすい角度になっているので、使い勝手がとても良いです。

通知が来た時にiPhoneを覗けば、Face IDでロックの解除まで完了するので、その後のiPhoneの操作も少し手間が省けて楽です。

今までのワイヤレス充電では手の届かなかった痒いところまで手が届くようになったMagSafeには心打たれました。

まとめ

BOOST↑CHARGE PROを購入してiPhone、Apple Watchの充電周りに感じていた不満をしっかりと解消することができました。

3つのデバイスを同時に充電できること、ワイヤレスで充電できることで充電ケーブルの本数を減らすことができ、デスクの上をスッキリさせることができました。

1つ1つの充電速度もワイヤレスになったことによる遅さも感じることなく、充電へのアクセスが簡単になりました。

充電ケーブルへの煩わしさを感じている人は、思い切ってワイヤレス充電に切り替えることを強くおすすめします。

ヨドバシ.com